秋の、はじまり

最終更新: 2019年3月24日

9月になりました。 夏の間の日差しは ただ大地を焦がしただけではなく 太陽の下で外へ外へと葉を伸ばした植物たちの 触れることのできる、確かな実りとなっていました。 いま、野山は、秋を迎えようとしています。

まだ青いエビヅル(葡萄蔓)の実

みなさんはどんな夏を過ごしましたか? 暑さは、いろいろな感覚を少し緩めます。 喜びや、楽しさは、解き放たれるように広がります。 と同時に、悲しさや冷えは、その陰に隠れ、鈍化し、 少し気づきにくい時だったかもしれません。

四年目にして初めて、たった一つ実をつけた我が家のざくろ。

秋になると、 夏に感じていたこと、夏に自分のからだにしてきたことが、 それがまるで実るかのように 表に姿をあらわしはじめるから、不思議です。

どうぞみなさま、ご養生ください。 土のもの、生姜などのからだをあたためるもので、 夏の疲れを癒しながら、 外へ外へと広がっていた意識を ぐっと内へと戻して参りましょう。 葡萄蔓(エビヅル)、木通(アケビ)、郁子(ムベ)、野茨(ノイバラ)、石榴(ざくろ)、 野葡萄(ノブドウ)、イヌビワなど…

太陽のちからを、ぎゅっとあつめた、愛おしい実りたちが 野山の緑の中にちらり、ほらり。 ・・・色づく頃には、どんな秋の薬草仕事をしましょうか。

変わっていく風の香りのなかに 過ぎ去る夏への名残惜しさを感じながら 来たる次の季節の恵みに、出逢いに、想いを馳せます。

覆うように咲く、仙人草の花。

無花果の原種、イヌビワ。雄木なので実は硬く小さい。美味しい雌木をみつけてね。

ごくわずがですが、 満月と新月のよもぎ茶を再販しました。 今がその流れ、今がその時、という方のもとへ お届けできますように。 秋のイベントのお知らせも、少しずつしていきますね。


https://www.tea-suu.shop/

#薬草 #野草 #エビヅル #秋

 - suu - (スー) は...

  

月に愛された薬草、蓬〈よもぎ〉香る、お茶のブランドです。

 

九州の野山に自生する、よもぎの柔らかな緑葉をひとつひとつ手摘みし、ブレンド。

お茶の素材は一つ残らずすべて、認定オーガニック、野に自生する天然のもの、あるいは栽培期間中農薬不使用の厳選した素材のみ。
それぞれの植物たちが、もっとも美しい表情を見せてくれるよう、一つ一つ独自の方法で乾燥、裁断、熟成、焙煎作業をほどこしています。


すべてのお茶は、ノンカフェイン。

採取から箱詰めまで、すべて手しごとだけで、丁寧に丁寧に。

海と山に恵まれた、美しい糸島から、ちょっと特別なお茶をお届けします。

 

これは、野草茶への誇りと敬愛を込めた、再定義。

今までの野草茶のイメージが変わるような、心ほどける不思議な一杯へ、ようこそ。

Follow Us

 

  • Black Instagram Icon
  • Facebook Basic Black

© 2019 by  - suu -