新月とは、静けさだ

最終更新: 2019年1月8日



新月とは静けさだ、と思う。




糸島に帰ってきて、車を出たら、闇。 闇の上に広がる、満天の星空。 虫の声。 ただただ、それだけ。 静けさとは、自分自身の声だけが聞こえるということだ、と思う。 だから、始まる。 人に勝て 人に負けるな 人よりもイイモノを手に入れ 共有せず独占し 奪ってでも、勝ち取れー。 そんな、外側からの声じゃなくて、 静寂の中に響く、 シンプルで純粋な、 自分の内なる声でスタートが切れるから。 だからはじまりの新月なのだ、と思う。 新月の日は、天の川と、煌々と光り輝く火星と、散りばめられたたくさんの星々で眩暈がする。 くらりとするほど壮大な、宇宙の中にぽっかり浮かんでいるのだと。 ともすると人は、 いとも容易に、 そして全く意図せぬうちに 得るために失って 奪うために削られて 勝ったつもりが泣いているから だから 静けさを。 静けさからの揺るぎなさを。 揺るぎなさからの純粋な情熱を。 happy new moon — 新月の薬草喫茶 @ 望雲 二日間、ありがとうございました 来てくださったみなさま、出会ってくださったみなさま、 望雲のみなさま、余韻さん、 心から感謝いたします。 幸せな時間でした。




 - suu - (スー) は...

  

月に愛された薬草、蓬〈よもぎ〉香る、お茶のブランドです。

 

九州の野山に自生する、よもぎの柔らかな緑葉をひとつひとつ手摘みし、ブレンド。

お茶の素材は一つ残らずすべて、認定オーガニック、野に自生する天然のもの、あるいは栽培期間中農薬不使用の厳選した素材のみ。
それぞれの植物たちが、もっとも美しい表情を見せてくれるよう、一つ一つ独自の方法で乾燥、裁断、焙煎作業をほどこしています。


すべてのお茶は、ノンカフェイン。

採取から箱詰めまで、すべて手しごとだけで、丁寧に丁寧に。

海と山に恵まれた、美しい糸島から、ちょっと特別なお茶をお届けします。

 

これは、野草茶への誇りと敬愛を込めた、再定義。

今までの野草茶のイメージが変わるような、心ほどける不思議な一杯へ、ようこそ。

Follow Us

 

  • Black Instagram Icon
  • Facebook Basic Black

© 2019 by  - suu -