哀愁の香り - 金木犀と、金木犀のシロップ

【もくじ】


- 想い出の金木犀

- 秋の哀愁は、金木犀の哀愁なのかもしれない

- 生薬としての金木犀

- 金木犀をいただく

- suu -の金木犀シロップ レシピ

金木犀 (桂花)

 Osmanthus fragrans var. aurantiacus

 モクセイ科モクセイ属の常緑小高木。銀木犀の変種。

 生薬名:金木犀

 辛味・甘味 / 温性


冬の枇杷(ビワ)の花、春の沈丁花(じんちょうげ)、初夏のネロリ。

そして秋の金木犀と銀木犀。

これが私の一番好きな四季の花の香りたち。


金木犀にまつわる、一番古い記憶は幼稚園の頃。

ピアノのレッスンの帰り道、この香りの正体を垣根の木の中にみつけて、

小さな秘密に出会ったような気持ちになったことを想い出します。



秋の哀愁は、金木犀の哀愁なのかもしれない


ところでみなさん、金木犀の実を見たことはありますか?

・・・ない、のではないでしょうか。


それもそのはず、金木犀は「雌雄異株(しゆういしゅ)」。

つまり、オスの木とメスの木が分かれている植物なのですが、

日本には庭木としてオスの木だけが入ってきたため、実をつけることがないのです。


どれだけ甘美な香りで人を、虫を、引き寄せても…

その先の運命の人に出会うことが、日本では、できない…。

なんて切ない…。


もしかすると、そんな金木犀の哀愁が、香りの中にのっているのかもしれません。


10/14/2020 @ 福岡

では、どのように金木犀の木は増えているのか?

答えは簡単で、人による「挿木」です。

つまり、日本の野山には、野生の金木犀はないのです。(桜のソメイヨシノと似た感じですね)


金木犀の生まれ故郷、中国の山へいってみると、

メスの木もあって金木犀の実に出会えるようです... (会ってみたい)


会えぬならばと、写真で調べてみたところ、小さなオリーブのような実をつけていました。

(金木犀の英語名は、「フレグランス・オレンジカラード・オリーブ」、まさに!と言う感じです。)


生薬としての金木犀



金木犀の花は、薬膳材料や、生薬として用いられます。

香り成分である精油成分(オスマンやα-ツヨンなど)、有機酸(パルミチン酸、オレアノール酸、ステアリン酸)、ロウ成分(トリアコンタン、パラハイドロオキシフェネチルアルコール)などを含有しています。

効果


1. 胃腸から身体を元気にしてくれる


特徴のある香りを持ちますから、芳香性健胃作用(=香りで味覚や嗅覚を刺激し、唾液や胃液の分泌を増やし、胃腸の調子を整える効果)があります。

ふーっと香りで気を巡らせて、滞りを流すイメージ。

- suu -だと「星のよもぎ茶」、他の食材だと薄荷や山椒も。同じようなタイプです。


2. からだを温め痛みをとってくれる


よもぎと同様、温性の植物ですので、おなかをあたため、血の巡りもよくしてくれます。

冷えて血流が悪くなることによる痛みや、冷えの改善、不眠などにも役立ちます。

生理中にも良いので、私は毎月必ず「月のよもぎ茶」に金木犀を浮かべて飲んでいます。


(見た目的にも、効能的にも、味・香り的にも、相性がほんっとうによくて… とろけるような香りと味わいのお茶になります。全世界の女子に届けたいくらい!)

③ 痰や咳にも効果があります。季節的にも、ぴったりですね。


④ 民間療法では、濃い花茶をうがい薬として用いて、歯痛や口臭予防に使うこともあるようです。

金木犀をいただく



金木犀は、実は、素晴らしい”香りの食材”。

例えば…

・金木犀の花を白ワインに漬け込んで ”桂花陳酒”

・ドライの金木犀と烏龍茶を混ぜて ”桂花烏龍茶”

・蜂蜜とお花をご飯に炊き込んで ”蜂蜜桂花飯”

・金木犀をシロップにして ”桂花醤” など…


中でも金木犀シロップは、一度食べたら忘れられない味。

毎年欠かせない、わたしにとって最も愛おしい秋仕事です。

わずか10日ほどしか咲かない。

途中で雨が降ったら、それで終わりー。

だからこそ、誰しもが一度は考えたことがあるのではないでしょうか?


「金木犀の香りを、もう少し長く、閉じ込められたらいいのに…」


金木犀のシロップは、そんな願いを叶えてくれます^^


- suu -の金木犀シロップ レシピ


材料:


・水 300cc

・グラニュー糖 300cc

・開花したての金木犀の花 両手のひらいっぱい

・レモン果汁 大匙1

作り方:


1. 秋の風を注意深く観察し、金木犀が開くタイミングを見計らう


2. 開花した!と思ったら、その日の午前中のうちに、優しく花だけを摘みとる

(*この時に、茎やガクを入れないように。よく観察し、虫がいない花をつかう。)

茎やガクはこの段階で取り除いてね

3. ざるにあげ、小さなごみをふるい落とす

4. 水にくぐらせ、さっと洗う

5. お鍋に水と砂糖を入れ、砂糖液をつくる

6. 沸騰したら弱火にし、花を入れる

7. 優しくよくかき混ぜながら、1分程度弱火で加熱し、レモン果汁を加える


8. 火を止め、かき混ぜを続けながら、余熱で香りと色を砂糖液へ移しとっていく

ガクなどが入っていると、雑味とえぐみが出てしまう

9. シロップの荒熱がとれたら、上澄とともに花だけ一度取り出す

(花は全て浮くので取り出しやすい)


10. シロップ部分をコーヒーフィルターで濾す

(細かな不純物を取り除き、透明で美しいシロップにする)

11. シロップと花を再びあわせ、一瞬再加熱。熱いうちに、煮沸消毒した瓶へ入れる。

12. 完成!^^


使い方:


・ヨーグルトにひと匙かけて

・豆花(トーファー)や白玉やフルーツにかけて

・ゼリーにして

・ソーダで割って

・よもぎ茶にたらして

・そのまま、スプーンでぱくっ


作るのには、タイミングと根気と丁寧さが必要ですが...

ぜひみなさんとも共有したい、幸せな花しごとです。


いつかぜひ、作ってみてくださいね^^


- suu - | 薬草ハーバリスト

Miho


instagram

online shop

 - suu - (スー) は...

  

月に愛された薬草、蓬〈よもぎ〉香る、お茶のブランドです。

 

九州の野山に自生する、よもぎの柔らかな緑葉をひとつひとつ手摘みし、ブレンド。

お茶の素材は一つ残らずすべて、認定オーガニック、野に自生する天然のもの、あるいは栽培期間中農薬不使用の厳選した素材のみ。
それぞれの植物たちが、もっとも美しい表情を見せてくれるよう、一つ一つ独自の方法で乾燥、裁断、熟成、焙煎作業をほどこしています。


すべてのお茶は、ノンカフェイン。

採取から箱詰めまで、すべて手しごとだけで、丁寧に丁寧に。

海と山に恵まれた、美しい糸島から、ちょっと特別なお茶をお届けします。

 

これは、野草茶への誇りと敬愛を込めた、再定義。

今までの野草茶のイメージが変わるような、心ほどける不思議な一杯へ、ようこそ。

Follow Us

 

  • Black Instagram Icon
  • Facebook Basic Black

© 2019 by  - suu -