今あるもので、今すぐに。 - 薬草足湯のススメ -

最終更新: 2019年3月24日


身体と心は深くリンクしている


最近私は、「この人といると、わたしは暖まるだろうか?冷えるだろうか?」

そんな観点から自分を観察していたりします。


何だか緊張する相手だと、手足足先がきゅうっと冷たくなって、肩が上がり、心もぎゅっと閉じ、

逆に本当に心許せる人とは、ハートがふわりと開き、血が心地よく巡る感覚があります。


顕在意識でそう気づいていなくても、

深いところで相手と波長が合っているのかどうかは、身体がヒントをくれる気がします。



自律神経による身体反応、と一言で片付けることもできますが、

心と身体は、面白いくらいリンクしているなぁ、としみじみ感じます。


心が先で、後から身体の反応がついてくることもあるし、

逆に、身体を先に整えてあげることで、心をプラスに引っ張ってあげることもできます^^



冬の身体と心


冬は寒さでどうしても縮こまりがち。

肩がまるく内側へと入り、首も前に出て、猫背に。

猫背になると、呼吸が浅くなり、

そして呼吸が浅くなると、思考も狭まりやすくなります。


心がつらいとき、

もうすでにいっぱいいっぱいの心からアプローチするのではなく、

まず身体から整えてあげることは、とても大切なことだと常々思っています。


そんな時に淹れる、一杯のお茶の力、その10分間がくれる励ましの偉大さこそ、

私が薬草茶を介してみなさんと共有したいことなのですが、

今日はお茶だけにとどまらない、ほっと暖まる冬の薬草セルフケアをご紹介します。



[ 薬草とハーブ、スパイスのfoot bath ]


テーマは、「今あるもので、今すぐに。温めること、心地よくなること。 」


ハーブに詳しくなくても、

野草が摘めるところに住んでいなくても、

簡単に今すぐにできる、心地よさ。


ああ、ちょっとしんどいかな?

と思ったら、深くぐるぐるするまえに、さっと足湯で温まってみてください^^

(湯冷めだけ、しないでね〜!レッグウォーマー最強!)


きっと、思った以上に緩みます。

用意するもの

  • 入れ物  (洗面器でも、なんでも。お湯と足を入れられるもの。)

  • ドライハーブやスパイス類

  • 生のハーブ類


ドライハーブは、

  • 古くなってしまった各種お茶やハーブティー(リーフでもティーバッグでも)

  • 使い切れなかったスパイスなど (シナモン、ジンジャー、ホールの胡椒、八角 etc)

  • 茶殻 (suuのお客様は茶葉をとっておいて、最後ふりかけにしたり、お風呂に入れたり、足湯にいれたりしてくださっています^^)

など。つまり、なんでもいいのです。

(これを書きながら私は、古くなったお紅茶ティーバッグ、やわやわになったカボス、ドライフラワーにしていたよもぎやイヌタデ、今朝飲んでいた[月のよもぎ茶]の茶殻をいれた足湯を楽しんでおります)


生のハーブは、

  • ローズマリーなどのキッチンハーブ

  • みかんの皮など

  • 柑橘のタネ (ペクチンでとろみがついて保温&すべすべ)

  • 冷蔵庫の中のちょっと余った生姜など

  • 野に出られる方は、野草 (今の時期なら、よもぎ・びわの葉etc)

  • 野草の花びらも、純粋に心が躍ります^^ (今なら、たんぽぽやノゲシ、さざんか、椿の花など)

天然塩や、エプソムソルト(塩化マグネシウム)、日本酒、漬け込んでいる人は余ったチンキも良いですが、あくまでさっと入れられる場合は、です。

考えすぎないでね^^


ドライハーブだけでも、生のハーブだけでも、お塩だけでも、

さっき食べたミカンの皮だけでもいいですよ!


やり方


容器にドライハーブを入れ、沸かしたばかりの熱湯を注ぎます。

ドライハーブや茶葉から色や香りが出てきたら、次は生のハーブを。

大きいものは、ざくざくカットしてあげると成分が出やすいです。

はじめから適温で入れるよりも、まず熱湯で成分抽出するのがミソ。



そこへ水を加え、心地よい温度へと整えます。

色を楽しむ生の花びらは、最後に加えます。

お持ちの方は、好みで精油を少量加えても^^

私はジンジャーの精油を1滴垂らしたりしています。



あとは、もうの~んびり、足をお湯に浸けるだけ。

すると不思議、足が温まると同時にカッカしていた頭の熱がとれてきたり、(いわゆる頭寒足熱)

意識が頭からハートへ、ハートから丹田へと落ち着いてきたり。(いわゆるグラウンディング、“肚落ち”)



時に、ふっと昔の感情が蘇ってきて、「ああ、あの時ないがしろにしていた感情が、今のこの辛さの根っこだったんだな」と気づいたりします。


今の時期はすぐにお湯が冷めてしまうので、楽しむ時間としてはものの数分だと思うのですが、

逆にいうとたった10分あればできる、確実に心身に効く、心地よいセルフケアです。


ぜひ、お試しください! with love & care,

- suu - | 薬草ハーバリスト

Miho

 - suu - (スー) は...

  

月に愛された薬草、蓬〈よもぎ〉香る、お茶のブランドです。

 

九州の野山に自生する、よもぎの柔らかな緑葉をひとつひとつ手摘みし、ブレンド。

お茶の素材は一つ残らずすべて、認定オーガニック、野に自生する天然のもの、あるいは栽培期間中農薬不使用の厳選した素材のみ。
それぞれの植物たちが、もっとも美しい表情を見せてくれるよう、一つ一つ独自の方法で乾燥、裁断、熟成、焙煎作業をほどこしています。


すべてのお茶は、ノンカフェイン。

採取から箱詰めまで、すべて手しごとだけで、丁寧に丁寧に。

海と山に恵まれた、美しい糸島から、ちょっと特別なお茶をお届けします。

 

これは、野草茶への誇りと敬愛を込めた、再定義。

今までの野草茶のイメージが変わるような、心ほどける不思議な一杯へ、ようこそ。

Follow Us

 

  • Black Instagram Icon
  • Facebook Basic Black

© 2019 by  - suu -