よもぎ茶の

美味しい淹れ方とアレンジ

How to brew yomogi tea 

よもぎ茶をいれるのは、実は簡単!

ですが、ぜひ、慣れるまでの最初の数杯は、

下のイラストを参考に、目分量ではなく

正しい量と時間を計って淹れてみてください。

きっと、美味しい!と思えるお茶がはいるはずです。

実際の淹れ方は、下の動画をご参照ください。

 

動画内で使用しているのは、HARIO社の「ジャンピングリーフポット」です。

(公式サイトはこちら


よもぎ茶はもちろん、お紅茶なども手軽に美味しくはいるのでおすすめです。

もちろん、お手持ちのお急須や、ティーポットも、お使いいただけます。

お茶は、茶葉をひろびろと、自由に踊らせるように淹れてあげると、美味しくなりますので

お急須やティーポットの中に筒状の茶こしが入っている場合は

それを取り外し、カップに注ぐときの茶こしとしてお使いください。

ティーポットで淹れる
お急須で淹れる
茶葉の取り方

アレンジ

 

 

- 水出しよもぎ茶 -

500mlのお水に対し、お好みで2~3g程度の茶葉を入れ、冷蔵庫で一晩。

軽やかな香りと味をお楽しみいただけます。

 

- よもぎチャイラテ -

お鍋に100ccのお湯を沸かし、3~5gの茶葉を入れて軽く蒸らし淹れてください。

お好みで蜂蜜やお砂糖を溶かし、200ccのミルクを加え、温まったら完成です。

(よもぎチャイはもちろん、月のよもぎ茶でも、よもぎラテをお楽しみいただけます)

 

- 深い味を楽しむ -

茶葉をすぐに引きあげず、数時間おいてみてください。

苦味のない、深いコクのあるお茶

 

- 焼き菓子にする -

茶殻を捨てずに、ザルの上で乾かして、ミルでパウダーに。

パウダーをクッキーやケーキ、ホットケーキなどに焼き込むと、香ばしいよもぎの味わいを楽しめます。

- よもぎの足湯・手湯をする -

茶殻を捨てずに、ある程度たまったら、お湯でぐつぐつ煮出しましょう。

煮出したよもぎ液を湯桶に入れて、よもぎ足湯やよもぎ手湯にどうぞ!

 - suu - (スー) は...

  

月に愛された薬草、蓬〈よもぎ〉香る、お茶のブランドです。

 

九州の野山に自生する、よもぎの柔らかな緑葉をひとつひとつ手摘みし、ブレンド。

お茶の素材は一つ残らずすべて、認定オーガニック、野に自生する天然のもの、あるいは栽培期間中農薬不使用の厳選した素材のみ。
それぞれの植物たちが、もっとも美しい表情を見せてくれるよう、一つ一つ独自の方法で乾燥、裁断、熟成、焙煎作業をほどこしています。


すべてのお茶は、ノンカフェイン。

採取から箱詰めまで、すべて手しごとだけで、丁寧に丁寧に。

海と山に恵まれた、美しい糸島から、ちょっと特別なお茶をお届けします。

 

これは、野草茶への誇りと敬愛を込めた、再定義。

今までの野草茶のイメージが変わるような、心ほどける不思議な一杯へ、ようこそ。

Follow Us

 

  • Black Instagram Icon
  • Facebook Basic Black

© 2019 by  - suu -